本文へ移動

編集係よりお知らせ ほか

天声人語 2021.1.4
2021-01-20
  • (2021-01-20・171KB)
朝日新聞の1面のコラム欄「天声人語」をご存じでしょうか。
年明け、実質初日の1月4日の天声人語にシトラスリボンのことが取り上げられていました。添付PDFファイルをご一読ください。

緊急事態、パンデミック、過去最多などという言葉にもはや慣れっこになってしまった感がありますが、その影響はわが社にも大きな打撃として出ています。とにかく「忍」の一字でしのがねばなりません。そんな今だからこそ、「心を強く」「優しく」一年を過ごしたいと考えています。いろんなことが待っているでしょう。つらい時はシトラスリボンを見て頑張るつもりです。
何かご意見などがあれば、HPの「お問い合わせ」にご連絡ください。
謹賀新年
2021-01-07
年が明けました。謹んで新年のご挨拶を申し上げます。昨年に引き続き今年も皆様宜しくお願いします。
長浜市内では年末の雪が消えようとしていますが、新たに今日から大雪の予報が出ています。全国では雪下ろし中の事故も多発しています。運転など含め皆さん十分ご注意ください。
さて、今年はオリンピックイヤーという明るい一年になるはずなのですが、年明けからコロナで緊急事態です。ワクチンで一発逆転と行きたいところですが、しばらくは引き続き3密を避けて感染防止に努めることになりそうです。こんな時こそシトラスリボンの心を忘れずにみんなで過ごしていきましょう。「夜明けの来ない夜はないさ~」昔聞いた松田聖子さんの歌が思い出されます。来年の今頃笑って思い返せるように、少しずつでもいいから毎日前進していきたいと思います。
伊予市給食にシトラスリボンかまぼこ!
2020-12-17
伊予市給食にシトラスリボン!
12月7日伊予市の学校給食のすまし汁にシトラスリボンかまぼこを浮かべてもらいました。<シトラスリボンかまぼこ><伊予市>でWEB検索していただけばおいしそうな画像も出てきます。子供たち喜んでくれたかな?
広がれ!シトラスリボンの輪!!!
愛媛新聞さんと岩手日報さんに掲載していただきました
2020-12-15
愛媛新聞12月5日
岩手日報12月7日
先日共同通信社の女性記者の方から電話で取材を受けました。
名前は知っていましたが、初めて共同通信社という会社が各報道機関のニュースの源になっているということを知りました。世の中知らないことがまだまだたくさんあるものです。
おかげで岩手県や愛媛県の新聞に載せていただきました。
シトラスリボンのおかげでおそらく出会うことのなかった方とたくさん会えました。
やはり、何かに挑戦することは大切ですね。
今年も師走になりました
2020-12-02
今年も師走がやってきました。何があっても季節は巡るのですね。自然は強いというか、人間社会のもろさを感じる1年になってしまいました。
現在、我々はと言えば、年末年始、おせち料理にお使いいただくかまぼこの準備に取り掛かっています。結局かまぼこしか作れないんですよね。でも今は、特に今年はいつも以上に気合を入れておいしいかまぼこを作りたいと思っています。今我々にできること、それを精一杯やるだけです。お節料理を食べて、おいしいかまぼこだと思ったら、もしやそれはきっとうちのかも??
長浜養護学校でシトラスリボンかまぼこ!
2020-11-26
11月24日に長浜養護学校でシトラスリボンかまぼこを給食に使っていただきました。おいしそうなすまし汁に入れていただいたそうです。学校のホームページには素敵な記事が掲載されていますので、ぜひ見てください。
 
http://www.nagayo-sh.shiga-ec.ed.jp/
長浜市でシトラスリボンかまぼこ使っていただきました
2020-11-16
11月11日の長浜市の学校給食にシトラスリボンのかまぼこを使っていただきました。給食だよりやお昼の放送でも取り上げていただいたそうです。しかし、画像を見ると圧巻の迫力ですよね、お玉??
長浜市教育委員会のFacebookにも掲載していただいています。
コロナの感染が増えてきている今、少し立ち止まって考える機会になったらと願います。
給食センターの方から次のようなお手紙をいただきました。
「・・・学校では、給食の「いただきます」の際に担任の先生が、かまぼこの模様の由来や、コロナウィルスは誰もがかかる可能性があるのに、それによって差別したり、いじめをすることのないようにしていきましょうと話され、児童のみなさんはうなづいて聞いていました。・・・」
これからもんなでみんなが住みやすいまちにしてゆきたいですね。
トップ画面の画像に給食の画像を使用しました。びっくりしないでくださいね。
来週は養護学校の給食にお使いいただく予定です。
 
シトラスリボン大いなる反省
2020-10-29
先日シトラスリボンプロジェクトの共同代表の前田さんが「シトラスリボンって水戸黄門の印籠のようだ」という声を耳にされてドキッとしたとおっしゃってみえました。
実は自分もこのプロジェクトを応援しているうちに何かわからないけれども自分の中に違和感ができてきたのを感じていたのですが、納得しました。
広めようとすればするほど情報を単純化し、ニュアンスや思いがそぎ落ちてしまっていた部分があったように思います。大いに反省です。
「誹謗や中傷をしてはいけない」「他人をいじめるな」「他人にやさしくしなさい」ではなく、「いつでも帰れる場所があった方がいいと思いませんか」であり、「そんな街にみんなでしていきませんか」というようなことだと思うのです。
シトラスリボンのことは本当に一人でもたくさんの人に知ってもらいたく、これからも積極的に発信を続けようと思いますが、決して押し付けにならないようプロジェクトの精神を守りたいと思います。
シトラスリボン反響 2
2020-10-27
HPを見ていただいて、神奈川県のお寿司屋さんから
シトラスリボンプロジェクトに賛同のお声をいただきました。
まことにありがとうございます。
一歩ずつみんなで進んでいきましょう。
後戻りすることはないのだから。
どしどし皆様のお声をお聞かせください。
HPのお問い合わせ欄からでも
直接下記アドレスにメールでもOKです。
info@kanejo-kk.co.jp
シトラスリボン反響
2020-10-23
HPを見ていただいて、給食用にお問い合わせをいただきました。
まことにありがとうございます。
前向きに検討させていただきます。
どしどし皆様のお声をお聞かせください。
info@kanejo-kk.co.jp

カネ上株式会社
〒526-0033
滋賀県長浜市平方町720-15
TEL.0749-62-0908
FAX.0749-63-8231

TOPへ戻る