本文へ移動

編集係よりお知らせ ほか

花を育ててます
2022-05-23
食品工場では昆虫を誘引する可能性があるため、敷地内に花壇を作ることは難しいです。
しかし、今年は会社前の湖岸道路沿いの長年雑草が生えていた 小さな場所にこっそり花の種をまいてみました。
G.W明けにまいた種は1週間ほどで発芽しました。
雑草の地下茎は相当量除去しましたが、さすがの雑草魂でまだ生えてきます。
雑草はかなり見分けることができるようになってきたので、
間違えないように引き抜いてやろうと思います。
水やりも総務でがんばります。成長また報告します。

田根小の子供たちが工場見学に来てくれました
2022-05-17
先日の北星高校に続き、田根小学校の3年生が工場見学に来てくれました。
見学通路も食堂もせまく、10名程度しか受け入れることができませんが、
しっかり話を聞いてくれて、喜んで帰っていきました。
たくさんの質問もしてくれました。
「なぜかまぼこ工場で働こうと思ったのか?」
といった鋭い質問にはたじたじでした。
これからも出来る範囲で地元の子供たちの学習の手助けをしたいと思います。
G.Wまっただ中
2022-05-02
G.W前半が終わりました。今年は週の真ん中に3連休がはまり、なんだか長く感じます。
天候はかなり寒くて残っていた灯油の調整には助かりました。
明日からは天気も良くなりそうで、3年ぶりに各地が行楽などでにぎわいそうです。
なんとなく日常が戻ってきた感じでうれしいのですが、
ウクライナの現実をだんだんどこか遠くのお話と感じるようになってきた自分がいる気がしています。
平和に感謝しつつ、そうでない地域の人のことも忘れてはいけないと思うのであります。

AED更新
2022-04-27
AEDの機械を更新しました。
ありがたいことにこれまでは使う機会はありませんでした。
しかし、いつ使う必要に迫られるかもしれません。
できることは備えておきたいと思います。
最近地震も多いように思います。
「想定外」が少しでも少なくなるように。
曳山祭り開催
2022-04-15
長浜の春を告げる曳山祭りが本来の形に近い形で行われています。
今日が本日ですね。伝統を絶やすことなく未来へとつないでいっています。
お天気が少し心配ですが、何とか持ちそうです。
平和や当たり前の暮らしの願いを込めた子供狂言が奉納されることでしょう。
明日の土曜日は文化芸術会館でも上演されるので、
桜は散りましたが行楽がてら長浜に遊びに来てください。




かまぼこの科学 ~フィッシュプロテイン~
2022-03-29
たんぱく質の摂取は若い人から高齢者まですべての年代の人にとって非常に重要です。
たんぱく質をたくさん含む食べ物というと何を思い浮かべますか?
肉や卵、かまぼこなどが代表選手ですね。
でも、いくら食べても消化が良くなかったらうまく体に取り込むことはできないですよね。
では、消化が良いのは何でしょう?
答えはかまぼこなどのねり製品です。
また、ヒトの体を作るたんぱく質はアミノ酸が結合して作られます。
体内で作れない9種類のアミノ酸を必須アミノ酸といいますが、
必須アミノ酸は食べ物からとる必要があります。
かまぼこのたんぱく質は必須アミノ酸をすべてバランスよく含んでいます。
科学的にも証明された高機能でおいしい練り製品をみなさんいっぱい食べてくださいね。

我々の業界では『フィッシュプロテイン』と称して練り製品の良さをアピールしています。
動画と詳しい解説が日本かまぼこ協会のホームページにアップされています。リンクを貼っておきますのでご覧ください。

もうすぐひな祭り
2022-02-28
はや2月も最後の日になりました。
もうすぐひな祭りです。
桜のつぼみもほんの少し膨らみ、
長かった冬も終わろうとしています。
たくさんのお家で一年ぶりにひな人形を出し、
娘さんの成長を感じておられることでしょう。
その一方、ウクライナの少女が「死にたくない」と
話している映像を目にしました。
世界が協力してコロナや地球温暖化や食糧問題に
取り組まねばいけないというときに、戦争とは・・・。
誰しも間違いはあるとおもうので、
大の大人たちが武器を使い、
少なくとも一人の少女を苦しめているという事実に
向かい合い、間違いを認め、
その力がいい方向に向かう機会になってくれれば。
現代に戦争が起きるとか、逆に世界がまとまることは
ないものと半分思っていましたが、
もしかしたら世界は変わることができるのかもと思っています。
まずは停戦を。
2022.2.22
2022-02-22
今日は2022年2月22日です。
たくさん2が並んでいてなんだか特別な日のように思えます。
にゃんにゃんにゃんでスーパー猫の日とも言われています。
さて、コロナウィルスによっていろんな影響が出ています。
たとえば、釣りがブームになっている、とかペットを飼う人が増えたとか、
オーバードーズといって薬の過剰摂取をする人が増えたとか。
人との距離を取らざるを得なくなった結果、「心」の栄養をどう摂るかが課題になっているようです。
コロナの陽性者、重症者の数はリアルタイムに数として発表されますが、
心の重症者の数は自殺するまで数として見えないのです。
現在だけではなく、将来のことを考えると、コロナでぽっかり穴が開いたような2年、3年が
子どもたちの心身の成長に大きな影響を与えてしまわないか心配です。
200年後のスペシャル猫の日に明るい未来があることを信じましょう。

滋賀県安全監視センターによる外部検証実施
2022-02-10
滋賀県には全国でもトップクラスの食品製造に関する基準があります。
滋賀県高度衛生管理認証制度というものです。
現在、日本では飲食店を含むすべての食品関係の会社などでは
HACCPという考え方にのっとったことをすることが法律で義務付けられています。
今回は、外部検証といって滋賀県の安全監視センターの方2名で
ちゃんと衛生管理しているかの確認に来てくださいました。
保健所の関係ですので、コロナでご多忙の中ありがとうございました。
当社は20年以上前からHACCPを導入しているので
会社の中では当たり前のように運用しています。
管理、記録を積み重ねていきますが、このような監査などで見てもらえると、
記録の甲斐があるというか、ありがたいもんです。
これからも『カネ上さんのかまぼこは安全だから安心して美味しく食べられる』と
言っていただけるよう、頑張っていきます。
節分 【オニかまぼこ】【GK鬼ちらしかまぼこ】
2022-01-28
もうすぐ節分です。読んで字のごとく季節の分かれ目です。
長く寒かった今年の冬ですが、春はすぐそこまで来ています。
がんばれ!もうちょっとで温かくなるよ、と励ましてくれる暦のすばらしさですね。
コロナも日本としての出口を示してもらえるといいのですが・・・。
さて、鬼とは古来から目に見えない悪いものを指すとのことで、
さしずめコロナを蹴散らしてくれることを祈って豆まきをしようと思います。
弊社ではオニかまぼことGK鬼ちらし蒲鉾というものを作っています。
共にご好評をいただいており、ありがとうございます。
オニかまぼこは今年リニューアルしてよりかわいくなり新発売した商品です。
一方、鬼ちらし蒲鉾は故会長が数十年前に作って残してくれた金型を大切に使って作っています。
鬼っぽくないという声もありますが、何とも言えない表情が私は大好きで、
だれに何と言われようがこのデザインを後世に残したいと思っています。
話は変わりますが、ホームページのお問い合わせから。
オニかまぼこに使用している魚は何ですか?というお問い合わせを幼稚園の関係者の方からいただきました。
答えは「スケソウタラ」なのですが、なぜそれが知りたかったのかというと
「鯛」アレルギーのある子供さんがいらっしゃるということを教えていただきました。
アレルギーについてもある程度勉強しているつもりですが、「鯛」にも反応する場合があると知りました。
アレルゲンの管理の大切さを再認識させていただきました。
あらためてお伝えします。
弊社使用魚種は現在「スケソウタラ」のみです。(変更予定ありません)
アレルゲン:通常商品(オニかまぼこ含む)小麦、大豆
GK(学校向け)商品:アレルゲン28品目不使用
詳しくは商品カルテをご確認ください。


カネ上株式会社
〒526-0033
滋賀県長浜市平方町720-15
TEL.0749-62-0908
FAX.0749-63-8231

TOPへ戻る